柑橘類の苗木生産・直販農家の富久寿園公式フェイスブック

柑橘類の苗木生産・直販農家の富久寿園|買い物カゴを見る

来 歴

 神奈川県湯河原町(旧足柄下郡湯河原町吉浜)の大津祐男氏が、1964年に、十万温州の珠心胚実生の中から得られた種子を播種し、1年生実生からを穂木を取り、カラタチ台木に切り接ぎして育成した。昭和47年(1972年)に初結実した内の1個体の果実品質が極めて優れていたため、昭和52年9月に「大津4号」として名称登録された。現在、青島温州とともに日本を代表する晩生系統の品種となっている。

樹の特性

 樹勢は強くいが、青島温州のように直立性の性質が弱く、開張性で扱いやすい。高接ぎでは、枝が立気味になりやすいが、苗木の場合は、枝が開心状に発生して樹形が整えやすく、生殖成長型の枝となり、結実性も比較的安定しやすい。

果実特性

 果実は大玉系で果形は扁平であり玉揃いは良い。果皮の色は、青島温州と比較するとやや薄い。着色時期は、11月下旬から12月上旬に完全着色となる。着色はばらつくことがある。果皮は、青島温州と比べても同等かやや厚く、完着になるまでは浮皮の心配はないが、それ以降は浮皮が多発する。糖度は、高糖系温州の中でも高く、どのような立地条件でも在来系の温州より糖度が高くなり、着果部位や果実の大きさによる品質のばらつきも少ない。隔年結果性が強いため、連年生産を目指すには、園地の選定や摘果、肥培管理等の適正管理が必要になる。
大津4号

柑橘類の苗木生産販売

耳納連山と筑後川に囲まれた、自然豊かな田主丸。
古くから植木・苗木の町として栄え、果樹苗木の生産量は
全国の約八割を占めています。
苗木屋が作る元気な苗木を、ここ田主丸からお届けします。

富久寿園アクセスマップへ

苗木のことに関してのご質問・お問い合せ
または、購入前に知っておきたい事が有りましたら
こちらの「富久寿園へお問い合せ」をクリックして
お返事をお出しする為に必要な事項を
ご記入して下さい。

富久寿園へお問い合わせ


ページトップへ戻る